抗うつ剤の特徴を知ろう

ドクター

服用は医師の指示を守って

自分に対して責任を感じてしまう従来のうつ病のほか、現代型とも呼ばれる新しいタイプのうつ病に掛かる方も増えており、もはやうつ病はそれほど珍しい病気ではありません。うつ病は精神科や心療内科を受診すれば治療ができ、殆どの場合、何れかの抗うつ剤を主軸に改善を目指していきます。抗うつ剤は心を治す薬と捉えられる場合もありますが、実際は脳の働きを正常にするよう、調節してくれる薬です。その理由は、うつ病は心で生じる病気ではなく、正確には脳内の神経伝達物質の量が減るなど、脳の病気でもあるからです。そこで、脳内の神経伝達物質の量を調整し、元の状態に戻してくれる抗うつ剤を飲むことで、うつ病が良くなる仕組みになっています。種類も幾つかありますが、抗うつ剤は飲んで即座に効くことはなく、服用を始めてから効果が出るまで、大体1週間から2週間ほど掛かります。効き目がなくても飲み続ける必要がありますから、服用を中断しないようにしましょう。そして抗うつ剤が効き始めた後ですが、良好な状態が続いても、医師の指示通り薬を続けることが肝心です。薬によってうつ病が改善しても、まだ抗うつ剤の助けを借りてバランスを保っている状況ですので、服用を止めれば再発する可能性があります。個人差も見られるのですが、初めてうつ病になられた方は、概ね6か月程度飲み続け、再発を抑える場合が少なくありません。また、抗うつ剤は突然服用を中止するのは避けた方が良く、緩やかに減らすことが望ましいタイプもあります。ですから抗うつ剤の利用期間中は、必ず医師の指導に従い、正しく飲むのがポイントです。一方、抗うつ剤は登場した順に並べますと、3環系から始まり、4環系そしてSSRIなどへと進化しています。その後、SNRIやNaSSAといった新薬も開発され、抗うつ剤の選択肢がさらに広がりました。基本的に新しい抗うつ剤ほど、特定の神経伝達物質へ作用するのが特徴です。効き目が必要な部分へ集中するぶん効果が高く、副作用も少ない点が優れた特性になっています。そのため病院のうつ病治療では、新しい抗うつ剤の中から第1選択薬が選ばれるのが一般的です。ただし、各タイプの抗うつ剤ごとで複数の薬が販売されており、どのタイプの薬が有効かは人によって異なるため、必ず新薬が選ばれるとは限りません。さらに開発が古い抗うつ剤は特許が切れて、値段が安い薬も登場しているなど、経済的に続けやすいという理由から選ばれる場合があります。

薬を飲む人

完治できる病気です

うつ病は精神科で治療を受ければ、完治させる事が可能です。使用する抗うつ剤は中断時に離脱症状を生じる場合があります。適切な方法で減薬していく事が必要です。更に心理療法やカウンセリングを受ける事で治療効果が高まります。

聴診器

安心して内服する

薬を飲み続ける事で、うつ病は改善する病気です。うつ病の薬で特に有名なのはSSRIと抗不安薬と言う種類で、副作用で胃が痛くなったり、イライラしたりすることもありますが、病院で相談したり、数か月飲み続ければ、必ず改善します。

カウンセリング

症状改善のために

うつ病を根本的に治療するための薬は抗うつ剤です。しかし、症状に合わせてほかの種類の薬が治療の経過で医師から処方されることもありますので、抗うつ剤以外の治療薬に関しても理解を深め、正しい服用を心がけることが重要です。

男の人

分からない事はまず相談

病気の原因特定は投薬治療において最も重要な工程で、この結果に合わせてうつ病治療は行われていきます。症例の中には肉体の疾患を含めた発病事例もあるため、医師に同時投薬の可能性も含めて診察してもらい、安全な治療行為を受診してください。