手

安心して内服する

聴診器

副作用は改善しよう

一言にうつ病の薬と言っても、種類が沢山あります。内服するとだるくなるのが怖くて、勝手に病院に行くのをやめてしまう人がいます。精神科の薬は脳に作用するので、どうしても副作用が出てしまう事が多いのです。少し、お話ししてみましましょう。不安が軽くなるかもしれません。最近よく利用されるのは、SSRIと呼ばれる種類のお薬です。これは選択的セロトニン再取り込み阻害薬の事で、解りやすく表現するなら、楽な気分にさせてくれる幸せ物質「セロトニン」が取り込まれて消費されてしまうのを防いでくれます。そして、結果的に消費されていない元気なセロトニンを増やす事で、うつ状態を改善しようというものです。新しい部類に入る種類だけに、安全性も高く、気分の改善効果も大きいとされています。副作用としては、胃が痛くなったり、吐き気がすることがありますが、数か月飲んでいると落ち着いてきます。眠気が出にくいとして重宝される「レクサプロ」という薬も、此処に分類されます。他にも、抗不安薬としてはベンゾジアジピン系で、短時間だけ効果を示す「デパス」が有名です。これは非常に効果が強いことで知られています。しかし、それに頼り過ぎてしまう人も多いため、近年ではその仲間で、効果時間を長くして、効力も少しマイルドな「ランドセン」などを処方するお医者さまが増えているようです。まれに内服して初めの頃はイライラしたり、怒りっぽくなる人もいます。飲んだ薬が強すぎて、逆に気分がハイになり過ぎてしまう人もいます。こればかりは、飲んでみないと分からないものです。しかし、それで薬をやめてしまうと、うつ病は治す事が難しくなってしまいます。うつ病の薬は、徐々に効くため、しばらく飲み続ける事が必要なのです。基本的に副作用は、お医者さまに相談したり、ずっと飲み続けていれば落ち着いていきます。今うつ病になって、内服の影響で副作用が出てしまっている人は、こう心の中で唱えてみて下さい。「私以外にも、皆に出る症状なのだ」「1、2か月の辛抱だ。そうすれば、また笑って働いたり、遊びに行ったりできる」。うつ病の患者さんの周囲の方も、出来る限り支えてあげて下さい。胃が痛い様だったら、消化にいい食べ物を作って上げてもいいですし、なるべく横になって休んでもらってもいい。また、気分がハイになって危ない事をしないように、出来る限り目を離さないようにしてあげてもいいでしょう。うつ病は心の風邪と呼ばれるほど身近で、薬を飲めば必ず快方に向かう病気です。今は苦しくても、患者さんと周りの人、そしてお医者さまと協力して、少しずつ前に進んでいきましょう。