手

完治できる病気

薬を飲む人

継続的な治療が必要

うつ病をはじめとする心の病を患う人は増加の一途をたどっています。うつ病は適切な治療を受ければ、治す事ができる病気です。精神科を利用すれば、専門医による治療が受けられます。社会復帰までの期間を長引かせてしまう理由の1つに周囲の無理解があります。うつ病を患う人は勤勉でまじめ、完璧主義な人が多いのが特徴です。失敗を全て自分の責任とし、弱音を吐かないので、周囲の人が心身の変化に気が付かない場合もあります。職場や家庭での行動や言動に普段と違う様子が見られたら、過剰に叱咤激励するのではなく、できるだけ早く専門医への相談を勧める事が必要です。うつ病の治療には薬物療法が中心となります。うつ病患者に使用される抗うつ剤は、効果がではじめるまでに2週間位かかります。飲みはじめには、様々な体調不良が生じる場合が多いです。うつ病患者はマイナス思考が強いので、治療方法等について疑いを持つ人もいます。抗うつ剤の服用を自分の判断だけで中断すると、発汗や吐き気等の様々な離脱症状を生じる場合があるので注意が必要です。治療を続けられる様に家族や周囲の人がしっかり説明してあげる事が必要です。そしてうつ状態では、脳内の神経伝達物質であるセロトニンが不足しています。SSRIやSNRI、NaSSAといった抗うつ剤は、セロトニンの再取り込みを阻害してセロトニンの数を増やす効果が期待できます。これ等の抗うつ剤は、古くから使用されている三環系や四環系の薬と違い、副作用が少ないのが特徴です。そしてうつ病と診断された人の中には、双極性障害の患者が含まれている場合があります。逆にうつ病患者を双極性障害の患者と診断してしまうケースも少なくないです。専門家でも判断が難しい所ですが、治療薬が異なるので、経過を観察しながらしっかり見極めていきます。急に元気になったり、いつもより会話の量が多くなる等の変化がある場合は、双極性障害である可能性があります。そして薬物療法の他にも心理療法があります。病気の根本的な解決に役立てる事が期待できる治療法です。広く利用されているのが認知行動療法です。ストレスから身を守れる様な心のバランスを維持する訓練をしていきます。認知行動療法は個人で行なう方法や家族やグループで行う方法があります。精神科医やカウンセラーを含む、多くの人との円滑なコミュ二ケーションが治療の効果を高めていきます。早い人で3ヶ月、長い人で1年位で完治させる事が期待できます。